ニュース

3月の企業年金勉強会のご案内

2014年02月04日

この3月で確定給付企業法施行から10年を迎え、適格退職年金も
ちょうど50年で廃止となりました。
 
 企業年金は、厚生年金基金と適格退職年金の時代から、確定給付企業と
確定拠出年金の時代を迎えてようとしています。この間にも企業年金を巡っては、
「年金受給者の減額問題」「企業年金の不祥事」「年金資産の消失問題」
「厚生年金基金の積立不足」等さまざまな問題が起こりました。
また、今後の課題として、「2013年問題の対応」および「国際会計基準の見直しの対応」があります。
今回は企業年金を巡るさまざまな問題を振り返り、今後の対応について
考えていきたいと思います。